ピコピコ日記

懐かしゲームピコピコ。プレイしたゲーム・視聴したアニメなどの記録を緩く綴っていく。多分。
2019/03 | 12345678910111213141516171819202122232425262728293031
久々にレトロゲーネタを。ていうかレトロゲーというと毎度オホーツクだな。
前回はMSX版を取り上げたけど、今回はPC-9801のリメイク版。

091128_1735~0001
昨夜またも不具合発覚。先日書いた「オホーツクに消ゆ」の記事のように、
「続きを読む」といった追記文章の表記がちょっと特殊というか、JavaScriptエフェクトライブラリを
別途設置、実行する形でスライドダウンでの表記を実現しているんだけど、
IE7だと追記文章がズレるという現象が起きるようで、IE7 Proで見たところ確かに左にズレている事を確認。
画像に至っては左サイドバーの方まで思い切りズレこんでいた。
例によってFirefoxとGoogle Chromeでは動作確認していたんだけど…。
IEでのチェックはちょっとサボっていた(;・∀・)

テンプレート配布元の修正対処の通り修正、無事IE7での追記文章が正常になった。
IE6と8では元々大丈夫のよう。ただ、「続きを隠す」の動作がちょっとモッサリな気がするけど、
これはIE7そのものの応答速度の問題なんだろうな。

正直、IE7って色々とアレだなと感じる、なんか特殊なんだろうか?
とりあえず、無事修正できたので良かった。今後また何か不具合あったらコメ下さい。
ていうかFirefoxまじオススメw事ある毎に言ってるから火狐信者みたいだな。
久々にレトロゲームネタを。
堀井アドベンチャー3部作の一つ、「北海道連鎖殺人 オホーツクに消ゆ」のMSX版。
090708_1904~0001

初めて購入したパソコン、MSX2と共に購入した初パソコンソフトって事もあって、かなり思い入れがある。
カセットテープ版なのでデータレコーダも同時購入した。
パッケージのゲンさんらしき人物が高倉健に見えて仕方ない。パソコン版はどの機種も同じパッケージだったと思う。
ていうかあの頃のパソコンソフトはパッケージは使い回しが多かった。
今日は久々に懐古ネタを。

レトロゲーというか残念ながら発売するに至らなかった、堀井雄二とログイン共同企画の
「ソヴィエト殺人ツアー 白夜に消えた目撃者」。ちなみに共同企画第一弾は「オホーツクに消ゆ」。
堀井三部作と呼称されるポートピア連続殺人事件・オホーツクに消ゆ・軽井沢誘拐案内に次ぐ
アドベンチャーゲームとの事で、期待に胸ふくらませたけどウヤムヤに…。
ドラクエに行っちゃったんだよな確か…。

090210_2239~0001

手元に残っているログイン。85年11月号。白夜~の取材旅行記事が載っている。
たまに読み返すんだけど、昔のパソコン雑誌はやっぱいいなあ…。

090210_2240~0001

こんな感じで全8ページに渡り、取材の模様を特集しているんだけど肝心のゲーム内容については
ほとんど触れていない。構想練ってますよ、企画進めてますよ的なアピールに過ぎないというか。

結局どの程度までゲーム製作が進んでいたのかわからないまま、
企画自体が消えちゃった「白夜に消えた目撃者」。どんなゲームだったんだろうな…。
おそらくはオホーツクのシステムを踏襲していたんだろうけど。今でも発売して欲しいと願う。
「ソヴィエト」と「ソビエト」どっちが正式タイトル表記なのかも今となってはわからずじまい。

ちなみにログイン・堀井共同企画はもう一つ動いていて、そのタイトルが「九龍の牙」。
白夜~は、オホーツク・九龍の牙に続くアドベンチャーシナリオ第三弾と銘打っていた。
今でこそ堀井雄二と言えばドラクエというビッグタイトルのイメージが定着してるけど、
自分の中では未だにアドベンチャーゲームの人なんだよなあ…。堀井アドベンチャーまたやりたいな。
ネタが無い時の切り札に取っておいたんだけど、ネタが無いので出すw

友人がPC-8801mk2SRを所有していて、夏休み中入り浸り、
すっかり虜になったハチハチ。さすがに高価なものなので、すぐには買ってもらえず、
何年かしたのち、データレコーダと一緒に買って貰ったMSXパソコンのMSX2 Panasonic FS-A1が
最初のパソコンだった。物置探せばソフトと共にどっかにあるような気がするんだけどな…。
MSXで最初に買ったソフトはテープ版のオホーツクに消ゆ。
で、MSXでは88SRへの憧れを満たすことが出来ず、その2年後くらいに
ついに買って貰ったのがこのPC-8801FA。我が家ではまだ現役というか、動く。
MSX2も、フロッピーでソフト供給にシフトし始めた頃だった。
FS-A1にフロッピードライブ載せて凌ぐより、やはりハチハチにという思いが強かったな。

090116_1601~0001

価格やスペック等はwikiに任せる。
このFAは88シリーズで初のサウンドボード2搭載で、当時は中々の先鋭だったなあ。
そんな事知らずにチョイスしたんだけど。当時はもうSRやらFRやらが店頭に無くて、
これが置いてあったんで、これにしただけという…。
2HDフロッピードライブ搭載のMAもあったけど、こっちの方が安いという理由でFAにした記憶が。

そんなワケでようやくゲットした憧れのハチハチだったけど、時代は16ビットPCに移行
しつつあって、実際88ユーザーだったのって3年くらいだったような。
最後に買ったソフトはスナッチャー・ブライ上巻・ミスティブルー・サイオブレードとか
なんかその辺りだな。ブライと言えば、キャラデザ・原画が荒木伸吾&姫野美智
ということで、荒木美形キャラ好きだった自分は張り切って飛びついたものの、
下巻は98で発売とかマジざけんなと憤慨した覚えが。
これで98に乗り換えるかと考え始めたっけな。
しっかりMSX2でも発売されてたけどね。ディスクで。グラフィック面で88はもうかなり取り残され始めてた。
まあ、結局下巻はやってないんだけど。ていうかブライ自体ちょっとなー。
クークがよく死ぬイメージしか残ってないしw
と言いつつもPCEのCDロムロム版も買ったような気が。
下巻をプレイしてないのは覚えてるんで、多分買っただけなんだろうな…。

同時期に88VAという16ビットのハチハチも出たんだけど残念ながら
性能を生かした専用ソフトに恵まれなかったようで、X68000に惨敗だったなー。
ロッパー(X68kは呼称が様々のようだけど、自分の周りではロッパーでした)も憧れたな。
結局無難に98に流れたんだけどね。

そうそう、写真だとディスプレイの上に乗っかってる汚いのがキーボードなんだけど、
やっぱハチハチのキーボードはいいわ~。このカチャカチャ音がたまらんわw
今現在売ってるキーボードでも、カチャカチャ音はするけど、この音にはならないんだよね。
やっぱハチハチは思い出多いなあ。88懐古シリーズ化しようかなw